EVENT

---------------------------------------------------------------------------
eスポーツ総合情報メディア
「ファミ通AppVS」本日スタート!
~eスポーツプレイヤーを応援! 対戦動画の配信も!~
---------------------------------------------------------------------------
株式会社Gzブレイン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浜村弘一)は、eスポーツ最新ニュースやプレイヤー紹介、大会リポートなど、eスポーツ情報を総合的に発信するウェブメディア「ファミ通AppVS」(https://appvs.famitsu.com/)を、2018年2月9日に開設しました。

世界的ムーブメントとなっているeスポーツ。近年、日本でもeスポーツ人気が加速し、先日、いよいよ国内eスポーツ新団体が発足、プロライセンスの発行大会が発表されるなど、ますます注目を集めています。

「ファミ通AppVS」は、“eスポーツシーンを盛り上げる”、“eスポーツプレイヤーを応援する”をコンセプトにした、eスポーツ総合情報メディアです。

「ファミ通AppVS」では、eスポーツの最新ニュースはもちろん、注目選手に迫るインタビューや、国内外の大会リポート、eスポーツタイトルの攻略情報など、ゲーム業界に長年携わってきた「ファミ通」独自のコンテンツを掲載。

また、記事だけでなく、現地リポートや選手インタビューの動画、ゲーム対戦の生放送も配信、さらに今後はリアルイベントも開催するなど、様々な角度からeスポーツの楽しさや魅力を伝えていきます。

近日では、国内初のeスポーツプロライセンス発行予定大会が開催されるイベント「闘会議2018」(日時:2月10・11日/場所:幕張メッセ)を総力取材し、選手や業界関係者へのインタビュー記事を交え特集します。

Gzブレインでは、「ファミ通AppVS」のほか、eスポーツ関連イベント・番組など様々なメディアやコンテンツを通して、eスポーツのさらなる普及・発展に取り組んでまいります。

■「ファミ通AppVS」概要
サイト名称:ファミ通AppVS(読み:ふぁみつうあっぷばーさす)

サイトURL: https://appvs.famitsu.com/

【関連URL】
・ファミ通AppVSチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCmzi1QpT6Gyq_biJRfV7h1A)

・ファミ通AppVS公式Twitter: https://twitter.com/FamitsuAppVS

◇株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について
株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:浜村 弘一)は2017年7月3日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立。『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っています。情報誌や書籍の出版だけでなく、Webメディアやイベントの企画・運営、ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、ゲームマーケティング事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開しています。

公式サイトURL: http://gzbrain.jp
--------------------------------------------------------------------------------


東京ゲームショウ2017来場者速報

東京ゲームショウ2017(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会[略称:CESA、会長:岡村 秀樹]、共催:日経BP社[社長:新実 傑]、会場:幕張メッセ/以下、TGS2017)は、9月21日(木)から24日(日)まで開催され、会期4日間の総来場者数は25万4,311人となりました。


「さあ、現実を超えた体験へ。」をテーマに開催した東京ゲームショウ2017は、過去最多に迫る609企業・団体(うち海外317)が出展し、家庭用ゲーム、スマートフォン、PCなど、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表され、かつてない盛り上がりとなりました。とりわけ、今年リニューアルされたe-Sportsの競技大会「e-Sports X(クロス)」には、国内だけでなく海外からの来場者や報道関係者も目立つなど、注目を集めました。


基調講演でも「日本におけるe-Sportsの可能性」をテーマに激論が交わされるなど、e-Sportsがひとつのムーブメントとして盛り上がりつつあることを印象付けました。


また、会期中はBtoBの商談も活発に行われました。ビジネスマッチングシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」に登録した企業は1,250社で、昨年の1,149社を上回りました。世界に向けて最新の情報を発信する国際的な展示会として、ゲームビジネスにおけるハブとしての役割がより重要になっていることを示す結果となりました。


来年の「東京ゲームショウ」は、2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、幕張メッセで開催する予定です。

国内最大級の和牛祭典「和牛ショー2016」開催される

11月18日(金)から駒沢オリンピック公園にて開催されている『東京和牛ショー2016』。

「和牛の魅力を再認識!」「和牛は旨い!和牛を食べよう、守ろう!」をコンセプトに昨年に続いて、今年も開催されまれています。

「和食」が文化遺産に登録され、また東京オリンピックパラリンピックの開催など世界中からも「日本」への興味関心が強く特に食への探求と感動を求め国内外問わず「和食」が注目されています。


そこで、記者は前半にイベントでのおすすめ和牛メニュー、後半に「和牛」の魅力と課題をテーマに取材報告をいたします。


渋谷 牛門

・松坂牛サイコロステーキ…特徴は何と言ってもその歯ごたえにあります。外はカリッと焼きあがっており、中は柔らかく噛めば噛むほど味わい深さがありました。さらに全体に塗されているガーリックがお肉に香ばしさとア クセントを与えてくれます。


庵GuRi de 2909

・短角牛のステーキ丼…今回出店されている和牛の中では唯一日本短角種のお肉が使われています。特に印象的なのはお肉とごはんで、ごはんの甘みと香りがほっぺたの中に広がってきた後、さらにお肉の香りが包み込んでくるコラボレーションが絶妙な味わいを出していました。


前沢牛ローストビーフ

・前沢牛ローストビーフ…前沢牛の脂身の甘さが香りとなって伝わってきました。見た目からも高級感やぜいたく感が伝わり、さらにお肉の持つ繊維の細かさと弾力性から口の中でとろけるというのを実感できる一品です。


ビストロ コントワールド クエルクス

・原田さんが選んだ仙台牛のしゃぶしゃぶコンフィ寿司…全部で4種類の寿司が乗っており、それぞれにアンチョビときゅう りのソースやレフォール(西洋わさび)と大根、トリュフ塩など色んな味とお肉の組み合わせ、和牛の新しい味わい方を楽しむことができます。特に若い女性には人気があるようで、ブースには長い列ができていました。


六本木横丁 大親分

・かずき和牛のイチボのトロレアかつ…赤みのあるお肉が衣で包まれており、一口かじると衣のさくっとした後にお肉のジューシーさを楽しむことができました。さらに一緒に添えられていた塩が衣の良さを引き立てていました。日本の文化を和牛に取り込んだ一品です。


BISTRO BASH

・和牛デミグラ煮込み…A5ランクのお肉が使われており、細かい繊維と後から出てくる脂身が特徴的な一品でした。またデミグラスソースで煮込まれているので、ゆっくりと味の変化と会話を楽しみながらいただきたいと感じました。


WAGYU DELI BURGER'S

・近江牛バーガー…中のお肉がこんがりと焼けているので、パンが肉の脂を吸っていても柔らかく、さらに肉のジューシーさもしっかりと残っていました。オニオンの甘さやソースの酸味など様々な味わいが楽しる一品です。

今回食べたのは出店されているメニューのほんの一部で、岩手県のいわて短角和牛以外はすべて黒毛和種に属するお肉ですが、各お料理を通してお肉の個性と地域性がよく表れていました。さらにご飯やパン、スープや衣などの食材がお肉の味を引き立ててくれています。


是非今回紹介したメニューだけでなく、他のお料理も楽しんでください。


『東京和牛ショー2016』は11月23(水・祝)まで開催されますが、19(土)、20(日)、23(祝)は混雑が予想されますので、お 越しの際には周りに十分気を付けてください。


日時 2016年11月18日(金)~2016年11月23日(水・祝)

   10:00~21:00(ラストオーダー20時30分)※最終日は18:00終了です。

場所 駒沢オリンピック公園 中央広場

HP http://www.wagyushow.com/




「12名だけの試食会」潜入レポ

海と山に囲まれている日本は、地産食材の宝庫で種類や金額もさまざま。とりわけ高級食材や希少食材に関しては値が張るものが沢山あります。特に、地産品や希少食材を求める食通は「コストパフォーマンスに見合った本物、おいしさ、市場では手に入りにくい食材を味わいたい。」と思うもの。そんな気持ちを実現してくれる「12名だけの試食会」をみなさんはご存知でしょうか。


先日、記者も潜入取材に行ってきました。その様子をご紹介します。まずは、会場となるサロンのご紹介。


「G-Callサロン」は、東京都五反田・東京デザインセンター5F(最寄駅、JR五反田駅東口徒歩2分)にあります。サロンは、「成熟した大人が、美味しいもの、楽しいこと、 素敵な人生を見つけることができる」をコンセプトにしています。


広さは、130平米。白とダークブラウンを基調とした落ち着いた室内です。今回取材させていただいた試食会の他にコンサート、セミナー等、様々なイベントがおこなわれています。


主催は、株式会社ジーエーピー。18年前にスタートした国際電話事業を展開しています。そのサービスのひとつに、約10年

前にG-Call会員約20万人に対して「お取り寄せの定番」食材通販事業であるG-Callショッピングを始めました。今も尚、「食通定番のお取り寄せ」として会員に愛されるサービスとなっています。


具体的な実績を挙げると、南魚沼産コシヒカリ年間約600トン、毎月5Kg換算1万件の家庭に届けたり、小売り販売するまでに拡大しています。ほかにもどのような実績があるのか、気になる方は是非スタッフの方に尋ねてみてください。


約20万人の会員は、JALカード、ダイナースクラブ、JCBなどの各カードフォルダーが中心となっています。カードの種類を見る限りでは、国際的に活躍されている方が多く、優良/希少/安全を求める「本物志向」に関心の高い方々が利用されていることも特徴です。


お金をだせばそれなりのものは手に入りますが、しかし実際手に入ったものが本当にコストパフォーマンスに適っているのかと言われれば、正直なところ見合ったものは少ないのが現状です。特に、食べ物は身体の中に入るものでおいしさを感じるもの。その分、お金を出すからにはその価値に見合ったものである必要があります。


G-Call社では、高級食材の仕入先・生産者とG-Call会員へのサービスの一環として、高級食材を集めて試食会を開催しています。(上部写真は、G-Call公式サイトより引用)

試食会は、スタッフのお薦めの食べ方や調味料の使い方、 旬の食材のうんちく、生産者のこだわりなどをご紹介しています。生産者のストーリーを伝え、少量ずつ、10~15品目を食し、気に入った食材をその場で購入できるお取り寄せシステムです。


少人数の試食会だからこそ、ゆったりと座って、パッケージや、重さ、どのように調理・保存するかなど様々な質問にもスタッフと直接に話すことができます。カタログにある食材を実際に食しながら、疑問点や不安をすぐに質問する、さらに調理方法や保存方法までも確認できるので、自分だけでなく贈呈品としても安心して購入ができます。


2時間の試食会は、毎月メ ニューが変わります。今月10月は、松茸や御節がテーマです。早い者勝ちですのでお申込みはお早めに。

今回の試食会で担当者に話を伺うと「生産者、消費者、企業」いずれも関わる人みんなの「食へのこだわり」を大切にしていることがわかりました。生産者と直接関わり情熱を共有することで互いの信頼が構築していく、いわば食に対する「シナジー」といえます。


決して妥協を許さない、時として「だめなものはダメ」と言い合える、生産者の顔が見える安心で安全な食べ物。そんな、食へのこだわり集団の集まりといえる試食会です。終わりなき食への創造と探究心、みなさまもごいっしょにいかがですか。


今回、9月に行われた試食会の一部です。ご参考までにご覧ください。尚、10月からの試食会の情報は公式サイトをご覧ください。

秋田比内地鶏 ぴるないハム(あきた六次会)

豊橋うなぎ(夏目商店)

金華さばの漬け鯖(猪又屋)

鶏卵素麺(松屋利右衛門)

ほぐし鮭缶(杉野フーズ)

北海道流水牛のビーフコロッケ(FUJI)

(食材撮影:長谷川栄介)


[超会議]ブース体験レポート

超ホラーゲームお化け屋敷


お化け屋敷プロデューサー五味氏プロデュースの人気ホラーゲームを再現したおばけ屋敷です。


『殺戮の天使』『7 Days to Die』『つぐのひシリーズ』『Death Forest』『魔女の家』5種類のホラーゲームを再現しているこのお化け屋敷。では、「籠の中の鳥を見よ」「箱の中に隠れよ」「教室の中へ逃げこめ」「ブロックで穴をふさいでゾンビが襲ってくるのを防げ」などの指示が張り紙に書かれています。


その指示通りに進むと、臨場感のある恐怖の仕掛けが次々と来場者を襲います。その恐ろしさは、驚いた来場者が内装を破壊してしまうほどの破壊力。


超会議2日目(30日)の13時頃には、驚いた来場者によって壁が破壊され一時入場停止になるアクシデントもありました。


お化け屋敷内の所々で甲高い悲鳴が聞こえ、出口を出て思わず倒れこむ来場者も。記者もそのクオリティに何も言葉を発せず進むしかありませんでした。


そしてこのお化け屋敷の最大のポイントは『7 Days to DIe』でゾンビが襲ってくるシーンを再現した部屋です。この部屋の様子は生放送で中継され、視聴者ユーザーからの「差し入れ」でゾンビに加えて「青鬼」が来場者を襲ったり、強力な炭酸ガスが噴射される生放送連動の仕掛けもあります。


また、お化け屋敷の出口を抜け出した先には『殺戮の天使』の胸キュン(?)名シーン「鎌ドン」を再現したブースもありました。


カーテンの裏から現れる鎌を持ったアイザックに耳元でゾクッとするセリフを囁かれ、最後には頭をポンポンして撫でてもらえる、思わずキュンとしてしまうコーナーとなっています。


そのアイザックのセリフの一部がこちら。


「おりこーさん……だからよ、頼むわ。−− 今だけ、俺に殺されるな」(この後あたまをポンポンして撫でてもらえます)


『超ホラーゲームお化け屋敷』は、ホラーゲームの世界観がリアルに表現され、「恐怖」と「胸キュン」2度の極上のドキドキを味わえるブースとなっていました。

【超会議】記者おすすめフード

ニコニコ超会議限定のフードメニューも超会議の見所のひとつです。今回は、発売されていたフードの中から10品をセレクトして、報道局メンバーで勝手に選んでみました。


まずは、今年の目玉となるフード、ドワンゴのエンジニアがレシピを考えたという3種類の「オープンソースやきそば」。

ニコニコ動画開発エンジニア考案の「超うまカラやきそば」(左下)は名前の通りスパイスの香る「うまくて辛い」やきそばです。フードコートにある「ゲキ辛パウダー」で辛さをカズタマイズできるのも魅力です。辛いものが好きな方にはおすすめです。


ニコニコ静画開発エンジニア考案の「超うまクロ焼きそば」(左上)はイカスミを使って名前の通り真っ黒に仕上げています。「ドワンゴらしさ=黒」を表現するためにチョコソースなども試しましたが、結果的にはイカスミに落ち着いたそう。


実際に記者も食しましたが、味は見た目よりもしつこくなく、イカスミの風味もしっかり伝わって、とても美味しく食べやすいやきそばとなっていました。


ニコニコ生放送開発エンジニア考案の「超うまトマやきそば」(右上)は「ピザをだいたい再現した」という斬新なやきそばです。味もピカイチということで、会場では話題になっていました。


ちなみにこの「オープンソースやきそば」はドワンゴ社内の「料理研究会」のメンバーが中心になって考案したそうですが、はじめはどの開発チームも経費を度外視したやきそばのレシピのアイデアを持ってきたそう。


美味しさ、斬新さ、費用のバランスを工夫するのに苦労しながらも、1ヶ月ほどでレシピ完成にこぎつけたといいます。そして、レシピも公開されています。


材料を揃えれば再現できます。


また、売り上げの集計にエンジニアらしい工夫もされていました。

こちらは簡易コンピューターの「ラズベリーパイ」。売り上げた商品のボタンを押すことで、こちらのスクリーンで商品別の売り上げをグラフ化して見れるようになっていました。

「オープンソース」の名前の通り、3種類のやきそばのレシピは公式ホームページ上で公開されているので、気になる方は作ってみては。


続いて、「肉の万世」の「万かつサンド」の紹介です。

かつからパンまでしっかりと味が染み込んでいます。お肉は程よい柔らかさで、口にした瞬間旨味がふわっと広がります。


おいしいフードをいただいて、自分らしさの超会議を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【超会議】JALブースで「日本の翼」体験

4月29日(金・祝)30日(土)幕張メッセにて「ニコニコ超会議2016」が行われています。


幕張メッセの全ホールだけでなく、イベントホールとQVCマリンフィールドまでもを会場として行われている国内史上最大級のカルチャーイベントです。そんな大規模なイベントの中でも、記者が注目したブースやコンテンツを紹介していきます。


・超ネ申飛行機

このブースでは、タラップカーの上から紙飛行機を飛ばし、標的に当てるか着陸させることができたらJALの豪華賞品が当たる抽選券がもらえるイベントが行われています。


しのはらゆうやキャスターとともに記者も紙飛行機を折って挑戦しました。

紙飛行機の作り方は図で説明されています。2種類の作り方が書いてありました。


多くの人がうまくいかず首を傾げながらブースを後にしている様子を見ると、かなり難関であることがわかります。羽のへりを折ってしまうと浮力が働いて思い通りに飛ばないみたいです。


紙飛行機をまっすぐ飛ばすってとっても難しかったです。

また、タラップカーの降りたところには30年近くも活躍していたという大型機のエンジンが展示されていました!


そこで、整備士に取材させていただきました。

こちらの大型エンジンは重さは5トン以上、飛行機の大きさによっても異なるそうですが、エンジンのパワー購入と数ヶ月に1度行う整備にそれぞれ数億円かかるそう。何人もの命を乗せて運ぶエンジンには、こんなにもお金がかかっていたんですね!


定期的に点検と整備を重ねることで、私たちの安全で快適な空の旅を楽しませてくれるのですね。

さらに、244人を乗せるボーイング777-300ERの旅客機1台に8席しかないといファーストクラスの座席「JAL SUITE」の体感ブースもありました。

ふかふかのシートは手元のボタンで簡単にリクライニング調整が可能。

前方のテーブルは可動式で、手元に動かすことで向かい合って座れる座席も現れます。


最大で210cmもあり大人ひとり両脚を悠々伸ばせる広さになっています。東京−ニューヨークの移動でこの座席に座るには、およそ100万円かかるそうです。


(この記事は、学生特派員岡本がお届けしました。)

【超会議】ギネス世界記録に挑戦!

ニコニコ超会議2016は、明日までギネス世界記録挑戦のイベントが行われています。指定のブースでぬいぐるみとともに写真を撮るだけ。昨年と合わせて5万枚達成されるとギネス世界記録が達成されます。


ニコニコ超会議にお出かけの際は、是非ブースに立ち寄り、みんなでギネス記録をつくりましょう。

世界記録を達成すると「ギネス世界記録公式参加認定証」を手にすることができます!

「ニコニコ超会議2016」開催まであと4日に迫る

2016年4月29日(金・祝)30日(土)に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2016」を前に、20日東京・六本木のニコファーレで「ニコニコ超会議2016最終発表会」が行われ、新企画及び追加情報が発表されました。


本記事では、新しく公開された情報の一部を紹介します。


・超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」

超会議で初上演される、新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」(読み:はなくらべせんぼんざくら)。ボーカロイド楽曲「千本桜」と歌舞伎の代表的な演目「義経千本桜」がコラボレーションし、歌舞伎俳優・中村獅童とバーチャルシンガーの初音ミクが共演することで話題になっていますが、この演目の相関図とあらすじが公開されました。

「大正百年の帝都桜京で、神憑特殊桜小隊の隊員として活躍する初音未來と桜小隊隊長の靑音海斗。未來は美玖姫として、海斗は佐藤忠信として生きた時代があり、千本桜を守り抜くために、桜の花を奪っていった邪悪な青龍に立ち向かい……。


〝千本桜〟をキーワードに「今」と「昔」をつなげる物語。」(公式サイトより)


開催日程は以下の5回です。

 4月29日(金・祝)

  12時の部:12:00~

  14時の部:14:00~

  16時の部:16:00~

 4月30日(土)

  13時の部:13:00~

  15時の部:15:00~


また、この公演はニコニコ生放送でも生中継されます。新作歌舞伎がインターネットでライブ中継されるのは史上初の取り組みになるそうなので、会場に足を運べない方もニコニコ生放送で楽しんでみてはいかがでしょうか。

・小林幸子Ishow the ride


第66回NHK紅白歌合戦で『千本桜』を歌った小林幸子さんが着た衣装が超会議2016に展示されます。来場者は衣装に実際に「搭乗」することができ、音楽とともに衣装が上昇。その様子は写真に納められ、記念にプレゼントされます。


超会議来場の記念に1枚撮ってもらうのもいいですね!

・超大相撲ブース

 今回の超大相撲ブースでは、大相撲本場所で実際に力士が使用する様々な大相撲グッズが展示されます。中でも特筆すべきは、横綱・白鵬関の相撲グッズ!綱やマワシ、浴衣が展示されるようです。


また、断髪式の力士を再現できるオリジナル顔出しパネルも設置。さらに、30日には関脇の豊ノ島関と嘉風関が特別ゲストとして登場予定です。このように大相撲本場所で活躍する力士と触れ合うチャンスもあり、今までにないくらい大相撲を身近に感じられるブースとなりそうです。


・超ドローンブース

ドローンにもが立ち入りを許され、人類が入ることはできない「超ドローン」では、まさかのドローンを使ったクレーンゲームが体験できるようです。ここでしか体験できない最先端のクレーンゲームであなたも豪華景品を狙いましょう。


・超ネ申ヒコーキ operated by JAL

2年連続の参加となるJALのブースでは、エンジンやコクピットのホログラム映像を見ながら操縦士や整備士のリアルな映像体験ができるアプリケーションを体験できます。このアプリケーションには一般向けには国内初披露となるMicrosoftが開発した新技術「HoloLens」が使用されています。

また、会場内には2台のタラップカーが登場するほか、ファーストクラス・ビジネスクラスのシート体験やJALの制服を着て写真が撮れるフォトスペースも設置されます。


空港に行かずともJALの様々な魅力を感じられる、楽しいブースになりそうですね!


・超!ギネス記録

「ニコニコ超会議2015」では50,000枚の記録に挑戦し、惜しくも及ばなかった「ぬいぐるみを持った人々を映した写真の最大のオンラインフォトアルバム」のギネス記録に超会議2016で再挑戦します。


今年は記録達成の基準である50,000枚を越えて、昨年と合わせて100,000枚を目指します。Webからの参加も可能で、本企画に参加した人は「ギネス世界記録公式参加認定証」を手にすることができるので、超会議に参加できないみなさんも参加してみてはいかがでしょうか。


本記事で紹介しきれなかった情報も、「ニコニコ超会議2016」公式サイト(http://www.chokaigi.jp/)で公開されています。


今年も2日間では周りきれないくらい盛りだくさんのコンテンツが揃い、誰もが楽しめるイベントになりそうです。


この国内最大級のカルチャーイベントにあなたも足を運んでみてはいかがでしょうか。

「ニコニコ超会議2016」開催概要


・主催:ニコニコ超会議実行委員会

・会場:幕張メッセ国際展示場1~11ホール+イベントホール

・開催期間:2016年4月29日(金・祝)10:00~18:00(最終入場17:30)

      2016年4月30日(土)10:00~17:00(最終入場16:30)


・入場券

1日券 前売1,500円 当日2,000円

通し券 前売2,500円

優先入場券 1日券1,600円 通し券2,700円 ※先行販売のみ


(今回の記事は、ニコファーレでおこなわれた発表会と

公式サイトを元にまとめました。 文責:学生特派員 岡本)


「時短」で家事を楽しくする「Kit Oisix」の魅力

 オイシックス株式会社が販売する時短献立キット「Kit Oisix」のモニターアンケート調査のメディア向け結果発表会が15日に行われた。


 今日では女性の活躍推進が進み共働き家庭が増加傾向にあるが、未だ家事や育児の負担は女性に偏りがちである。そんな中で、家事の一部を代行する「置き換え家事」と呼ばれる商品・サービスが家事や育児に忙しい女性のお助けアイテムとして注目を集めている。「Kit Oisix」もその一つだ。

 

 女性の活躍推進に積極的な株式会社クレディセゾン、株式会社サイバーエージェントの2社の協力のもと、オイシックス株式会社が週5日以上正社員や契約社員として働く共働きの家庭約100世帯を対象に「Kit Oisix」の利用が共働き家庭の生活にどのような影響を与えられるのかを調査した。


 調査概要は「Kit Oisix」を週に2回、2週間に渡って利用してもらうことで、家事の負担の軽減効果や時短効果、夫婦喧嘩の回数の変化を調べるというものだ。

 

 事前調査で、平均的に女性は1週間に20時間43分を家事に費やしており(男性は6時間57分)、その中で夕飯の支度(買い物・調理・片付けを含む)には1週間に6時間59分、平均して1日におよそ1時間を費やすということが分かった。また、男女共に約6割が「家事の分担が原因で喧嘩やイライラすることがある」という。


 女性の「夕飯について悩みや不満に思っていること」を調査すると、多い順に「献立を考えるのが大変」「調理に時間がかかる」「片付けが面倒」という回答が得られた。


 調査の結果、「Kit Oisix」を利用することで9割以上の体験者が「夕飯の準備が楽になった」と回答した。実際、1週間で夕食の支度にかける時間に平均で2時間13分の時短効果が得られたようだ。さらに、夕飯の支度の負担の軽減によって男女共に6割以上が「夫婦喧嘩が減ると思う」と回答し、9割以上の男性が「『Kit Oisix』があれば夕飯を任せられても大丈夫」と感じるという。


 この結果に対して、調査に協力したサイバーエージェントグループ「Woman&Crowd」代表の石田裕子氏は


 「体験者からは『献立を考えなくて良いということで精神的な負担がかからなくなった』という満足の声が上がっていた。冷凍食品を解凍するだけではなく、ちゃんと調理もして体にいいものを家族に食べさせられるため、少しだけ時短をして楽になっていても手抜きをしている感覚や家族に対する罪悪感がなく、満足度の高いものを提供できているのでは」と述べた。


「Kit Oisix」とは


 「Kit Oisix」とは、インターネットを通じて特別栽培農産物、無添加加工食品などの販売を行うオイシックス株式会社が販売する、「忙しくてもちゃんとした食事を家族に食べさせたい」という働く女性のニーズを満たす時短献立キットである。会員数は2.7万人、累計販売数が200万食を突破するなど、未就学児の子どもを持つ30〜40代の働く女性を中心に人気を集めている。


 「献立を考えなくても、20分で主菜と副菜の2品が作れる」レシピと食材がセットになっている。オイシックスの管理栄養士のみならず、有名店「賛否両論」シェフの笠原将弘氏、ミシュランシェフの松嶋啓介氏、フードコーディネーターのSHIORI氏、料理研究家のコウケンテツ氏をはじめとする様々な料理のプロによって考案された「自分で思いつかないような」豊富なメニューが毎週揃う。


 オイシックス基準を満たした新鮮で安心・安全な食材だけを使用し、献立に必ず5種類以上の野菜を使用するなど栄養バランスも取れた献立キットとなっている。また、レトルト感・手抜き感を出さないために一部カット工程を残したり、スマートフォンで手軽に注文できるようなシステム改良、忙しい人向けに賞味期限の長い冷凍の商品を開発するなど、働く女性のニーズを満たす様々な工夫がされている。


 その他にも、子ども向けメニュー審査会で子ども自身(=「コドモニター」)の献立に対する声を聞いた上で開発・改良したメニューや、節分やハロウィン、クリスマスなどのイベントで親子で作れるメニューを開発するなど、働くママに嬉しいキッズメニューも充実している。


 また、「Kit Oisix」は株式会社Woman&Crowdが提供する企業向け社員支援福利厚生パッケージ「macalon+」やGoogle社の育児をしながら働く女性を支援するプロジェクト「womenwill」に参画しているほか、ABC Cooking Studioと共同で男性の料理参加を支援する「はじめの一歩 夫・パパの料理教室」を3月24日に東京ミッドタウンで開始する予定だ。

本日、記者も次のメニューを試食させていただいた。


「笠原流 鶏肉のオレンジ焼き」「賛否両論」笠原将弘シェフ考案。

柔らかく、香ばしい身に鶏肉の旨みがしっかり閉じ込められている。後味でオレンジのさわやかさを感じる。つけあわせのかぼちゃも甘みたっぷり。


「旬の根菜とこんにゃくの定番きんぴら」

味付けは程よく甘めで、食べやすい。しっかりと味の染みた根菜とこんにゃくは満足感十分。

「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」コドモニター認定メニュー。

辛すぎず、箸が進むほどよい味付け。温泉たまごともよく合い、野菜嫌いの子どもにも親しまれそう。


「小ねぎとのり、豆腐の韓国風スープ」

トロッとしたのりと、豆腐も入っているのが嬉しい。ビビンバとの相性も抜群。

「包丁いらず!えびと野菜の白湯仕立て」フローズンキット。

解凍せずに、冷凍庫から出してすぐに調理できる。

えびはとても新鮮でプリプリ。ブロッコリーと4種のきのこでしっかり野菜が取れるのも嬉しい。


「ひとくち焼きなすの中華ごまだれがけ」

なすはまるでいちじくのように身が柔らかい。後味すっきりの中華だれともよく合う。

「たっぷりケールのチーズナッツサラダ」単品で頼めるサラダキット。

新鮮な野菜を楽しむことができる。ハニーマスタードと玉ねぎドレッシングが一層野菜の味を引き立てる。


「根菜たっぷり しょうが香るあったか汁」

今冬販売を開始したスープキット。

なんと8種類もの具材が入っている。スープは冷めても美味しい。


「ポムポムプリン」新宿駅で「癒し」のプレゼント

丸くて黄色いボディーにベレー帽が特徴で、絶大な人気を博しているサンリオを代表するキャラクターであるポムポムプリン。

 

今年で誕生20周年を迎えました。

 

そんなポムポムプリンの誕生20周年アニバーサリーキャンペーンの一環として、思わず抱きつたくなるような可愛い表情と愛くるしいフォルム、癒される手触りのプリンが新宿駅のプロムナードに期間限定で登場しています。

 

そこで、みなさまに癒しを与えてくれる可愛いプリンの魅力をお伝えすべく、その様子を取材してきました!

新宿駅の地下プロムナードに足を伸ばすと、そこにはそれぞれ違うポーズを取った11体のプリンが。

 

11体それぞれが可愛い表情で、街行く人を癒してくれます。

ちょうど抱きつきたくなる大きさ・愛くるしいフォルムのプリン。

 

プリンの羽毛布団のような触り心地のよさに癒されて、思わずこんな表情になってしまいます。

記者がプリンに抱きつくとなんだかじゃれているみたいになってしまいました。
こんな目で見られたら、ハグしてあげずにはいられません。

こんなにも様々な豊かな表情を見せてくれるプリン。

 

どんなストーリーがあるのか、とても気になります。
また、豊かな表情だけでなく、キュートなお尻もプリンの魅力です。

取材に訪れた私たちだけでなく、2歳くらいの子から女子学生、通りがかりのサラリーマン、おじいちゃんおばあちゃんまで老若男女問わず多くの人が立ち止まって抱きついたり写真を撮って思い思いにプリンと触れ合っていました!

 

プリンに触れ合うみなさんのキラキラした表情、癒されている様子がとても印象的でした。

 

プリンの表情を真似て一緒に写真を撮影するのもおすすめの楽しみ方です。

 

この"抱きつきプリン"は3月13日(日)まで期間限定で、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードB1階に登場しています。

 

また、アニバーサリーキャンペーンの情報もプロムナードの至るところに掲載されています。

プリンの豊かで可愛い表情と、"ふわもこ"な触り心地に癒されること間違いなし!

 

プリンに抱きついて、移動の疲れを癒しましょう!

 

ぜひみなさんも新宿駅まで足を運んでみてくださいね!

 

(文責:学生特派員 岡本)