Beauty

【急募】サロンモデル大募集

体毛が熊化している20代(20代に見えるなら何歳でも可能)男性!

 #全身脱毛 #エステ #サロンモデル #レポーター 募集です。

日頃御世話になっていう読者さま限定の案件です。

是非我こそはという方DMお願いいたします。

 特典及び施術内容→
①月2ですべっすべになるまで無制限全身脱毛
②施術後毎回フェイシャル60分
③気になる #ボディケア #ems #痩身 毎回可能 
④ #店販コスメ を必ず毎日使う。最大87000円相当無料プレゼント

条件→
①毎回のアンケート
②顔出し撮影
③変化行程の写真撮影
④自身のインスタグラムとブログで毎回施術感想や報告投稿 

エントリー方法
PRT News PRESS ビューティー事業部
までDMをお願いします。
①お名前 ②運営しているSNS全種のURL ③意気込み ④所属事務所(該当者のみ)
上記4点を返信ください。

 #model #salonmodels #menssalons #メンズサロン #esthe #男性美容 #美少年 #かっこいい男性 

30年後も愛される顔になるために

10代や20代前半、ニキビや肌のかさつきだけを気にしてれば良かったあの頃...。


いろいろな責任を担うようになって、人間関係の酸いも甘いも噛み分けて、いくつもの年月を重ねた今日この頃。

お風呂あがりにふと鏡を見た時、


“あれ?!私って、こんな疲れた老けた顔してたっけ?!”


って、思ったことはありませんか?なんとかしなきゃと、高級化粧品や美容液、美容ローラーにサプリメント等々。頑張ってる割には、なんだかいまひとつ。


“やっぱり、寄る年波には勝てないのかしら...。せめて、美人なら良かったのに...。”


と、ため息。


でもそうなると、実年齢よりも若く見える人やその逆の人。美人なのに人から敬遠されがちな人や、十人並みなのに誰からも好感を持たれる人。


これって、何故?


「顔の老化は、コリが原因です。」

顔筋コーディネイトの考案者で、顔筋診断やメソッド指導も行い、過去1万回以上も施術を通じて、多くの方を幸せ顔・愛され顔に導いてきた、国内外にプロとして定評ありのその人。Katsuyo(敬称略)は言います。


“顔筋”?!


聞きなれない言葉ですが、“表情筋”といえば、ピンときます。筋肉は同じところに負荷をかけ続けると、疲れが溜まり血流が悪くなります。すると疲労物質が蓄積され、そこに筋繊維の萎縮が起こり、固まってコリとなります。肩こりや首こりなどがこの現象です。


そして、それは顔の筋肉にも起こるのです。顔のコリは体のコリよりも小さく、小さいものだと直径4~5mm、大きくても直径1~2cmぐらいの大きさ。そのコリが、その人の生活習慣や性格によって、顔のあちらこちらに起き、しわやたるみを引き起こしているのです。


化粧品や美顔用品等、表面的なお手入れをしても、元凶のコリがあっては、一時的なものになってしまいます。16年間“顔筋”を研究し、確証を得てきた彼女の言葉は、正に目から鱗。多少筋肉に対して知識のある記者にとっても、ガツと活を入れられた感じです。


そんな彼女の顔筋コーディネイトのメソッドを学べるセミナーがオトナ世代のライフスタイルメディア「OTONA SALONE」主催で行われ、記者も参加してきました。

おしゃれなカフェの中、いくつかのテーブルと席が用意されていて、見知らぬ方たちといっしょなのですが、なごやかな雰囲気なので、まるで学生時代、机をよせてお昼を食べ、おしゃべりしているような感じです。


開始の時間となり、講師である彼女が現れると、大きな拍手が。はきはきとした喋りと、キラキラした瞳の、好感あふれる彼女の講義は、会場の方たちを惹きつけ、魅了していきます。


そしてお待ちかねの、顔筋コーディネイト実践です。

事前に用意されていた、消せるボールペンの消しゴム部分を使い、顔のコリを探していきます。

肌の奥を少し強めの力で5mm~1cmぐらいの幅で動かして、こりこりしている部分を探ります。


特に老化が出やすい口元や目元など、コリを見つけた部分を、彼女の指示に従い、「1・2・3・4・5」とボールペンを動かします。


「痛~い!」「うぅ~!」「いた、痛たた!」


あちらこちらのテーブルから、発せられる声。記者のテーブルでも、「痛い」の嵐が。


でも何故か皆楽しそうです。


コリのある場所は痛みがあり、ほぐしていくと、赤くなります。記者も自分の顔に、こんなにもコリがあったのかと、驚きました。コリの出来る場所は人それぞれですが、顔全体ではこんな感じ(上部画像参照)にあります。


これらが長い年月に作られ大きくなって行くことで、おでこのしわやほうれい線、目じりのしわや梅干あごになっていくのかと思うと、恐ろしいです。

ボールペン以外でも自分の手やメイクブラシの柄でも、同様にほぐすことが出来るので、いつでもどこでも空き時間に実行できます。


彼女のプロデュースしたコリほぐし専用器具も参加者各位に貸し出され、実践中の参加者の方々は、いろいろ試しながら、自分のやりやすい物を模索していました。


やった後は血流が良くなり、顔がほんのり温かく、ちょっとした爽快感が!実践終了まじか、ほとんどの方は「痛い」から「なんだか気持ちいい」に変わっていました。


顔色も心なしか良くなったような...!?


これは、続けてみる価値ありです。かわいらしいラベルの野菜ジュースと実践で使用したボールペン、それと彼女の新刊「逆引きアンチエイジング事典」が、参加者全員のお土産としてついてきました。


気分も良くなり、お土産もついて、満足感たっぷりです。参加者の方々も、皆笑顔でした。

『逆引きアンチエイジング事典』(主婦の友社)

最後に、記者の心に響いた、彼女の言葉を載せます。


「美しさの基準は、人それぞれ。美しい顔は幸せそうな顔だと私は思う。」

「幸せ顔はさらに幸せを呼ぶ。顔の第一印象が変わると、運命すら変えられる!」

「今のひと手間が、30年後の愛され顔につながる。」

「顔はあなたが一生使う名刺なのです。」


いきいきとして、若々しい30年後も愛される顔。手に入れても、損は無いと記者は思いました。


先着100名プレゼント「FEBIS フェイスケアローション」

いつまでも美しくいたい。


それは、女性だけの願いではない。

これまで、「強く・たくましい」男性が女性のハートを掴み取っていたが、近年「清潔感と包容力のある」男性が年齢や俗に言う「イケメン」でなくても女性に求められる男性となってきた。


年齢の垣根を越えて「モテたい」という願望は誰しもが持つ。女性の抱く「包容力」に応えることは、その女性を満たす内容であることから一概には情報提供することが難しい。知性であったり、たしなみであろう。


この包容力については、次の機会に譲るが、今回は「清潔感」について着目した。今回からの特集は不定期であるが、男性の清潔感をテーマとしたさまざまなメンズコスメを報道局男性スタッフの感想を交え読者に伝えたいと思う。


また、記事の最後には、読者にも実体験いただきその感想をきかせていただきたいため「読者プレゼント」を用意した。

最後まで、お付き合いいただきたい。


まず、記念すべき第一弾は、男性用高機能化粧水「FEBIS フェイスケアローション」を紹介したい。


若者だけでなくアラサー、アラフォー世代の男性も美容に興味を持つ人が増加している。しかし、男性用の美容品はまだまだ女性用の商品に比べると種類が少なく、「健康な肌を保って容姿にもっと自信を持ちたい!」「女性ものばかりで自分に合う化粧水がない」という悩みは潜在的にもつ男性も少なくない。


そんな悩みに応えてくれるおすすめコスメが登場した。


男性用高機能化粧水「FEBIS フェイスケアローション」だ。株式会社 ともよ(岡山県倉敷市)が製造するこのフェイスケアローションは、繊細で複雑な男性特有の皮膚生理と肌本来の機能に着目し、メンズエステでの豊富な施術経験を持つ男性コスメコンシェルジュ 山下洋平氏を開発責任者として開発された、「男の肌スキルを上げる」高機能化粧水である。


MADE IN JAPANにこだわった成分を厳選して使用したこのフェイスケアローションの特徴は以下の3点だ。


・ヒアルロン酸・コラーゲン・3種セラミド[セラミドEOP・セラミドNP・セラミドAP]などの肌に水分を補給し、潤いを逃がさない保湿成分

・肌をリフレッシュし、健やかに保つEGF[ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1]、FGF[ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11]といった美容成分

・心身に安らぎと調和をもたらすラベンダー&ベルガモットの香り


実際の使用感をスタッフ3名に聞いた。


Hosoi(10代)

黒の容器に入っていてシンプルなデザインとなっています。ベルガモット、ラベンダーの香りがします。香りは両方とも程よく独特なきつい感じはありません。水のようにさらっとしているのではなく少しとろみがありました。顔につけて離す際に、しっとり感が分かります。ニキビなど顔のできものが少し退いた感じがしました!洗顔後やアウトドアで顔が火照っているときに使うとクールダウンされてるような感じがします。つけてから数分経つとさっぱりでベタつかなくリフレッシュされます!家で使うもよし、外出先で使うもよし。


Okamoto(20代)

化粧水を手に取るとまずラベンダー&ベルガモットが優しく香り、落ち着いた気分を味わうことができる。思ったよりベタつかない手触りで、いざ顔になじませるとはじめは心地よい清涼感、そしてしばらくすると肌に潤いを実感することができる。はじめはもっちり肌に、しばらくするとすべすべ肌になるが、この肌の感触は化粧水を使用した翌日もはっきりと感じることができた。


しのはらゆうや(30代)

敏感肌の人にもおすすめ。これからの時期は日焼けしたり、紫外線に多くあびるため肌が乾燥しやすく、バリアも弱くなりがち。この化粧水は肌に吸い込まれていく気持ちよさを体感できます。ほんのりと上品に香るベルガモとラベンダーの香りは、そこらへんの石油が入ったエッセンシャルオイルとちがって自然な香りがする。香るレベルは「ほんのり」であることから、肌に化粧水をつけても香りでくらくらしたり、鼻がおかしくなることはない。また、香りも薄くさらっとした使い心地なので、仕事のブレイクや出張先、外回りの移動中にも使え、気軽なリラックスを楽しむことができます。化粧水ブランドや香りにこだわりのある人には物足りなさはあるけれど、メンズコスメ初心者は、まずここから始めるにはおすすめします。


小森(40代)

カプセルホテルに備え付けられている化粧水とは全く比べ物にならない。においもしつこくなく親しみやすい。スーツにもなじむ自然な香りで満員電車の中でも全く気にすることはない。


S・T(50代)

これは、使いやすい。香りもいい。サンプルだけでなく実際の商品もほしい。


4名の報道スタッフの感想にもあるように、「FEBIS フェイスケアローション」は世代を超えて使いやすい商品である。「男性の肌ポテンシャルとモチベーションを最大限に引き出し、自信と喜びに満ち溢れる毎日へのブラッシュアップを実現」するという男性用高機能化粧水「FEBIS フェイスケアローション」。


製品だけでなくブルーノート東京の広告デザインを手がける尾沢早飛氏をアートディレクターとして製作したパッケージにもこだわり、イケメンモデル ペンジャミン氏を迎え入れたおしゃれなデザインとなっている。


男性が自分や家族のために購入するのはもちろん、女性から男性へプレゼントとしてもおすすめの上質な美容商品である。

そこで、読者にも体感いただけるように先着100名に「FEBIS フェイスケアローション」のサンプルをプレゼントする。

試したいみたい方は、下記の応募要綱に進んでいただきたい。


「清潔感」とは、自分をベストな状態に導き日々の活動においてハイパフォーマンスの基礎となるものである。この機会にメンズコスメをきっかけに己の美と生産的で創造的な日々に一歩踏み出してみるのはいかがだろうか。


これからも、報道局のスタッフは、男性諸君に良質で躍動的な情報を届けていきたい。


応募要項

次の2点を記入し、メールにてご応募ください。先着100名様に折り返し送付先などをお伺いするメールをお送りします。送料はこちらで負担します。ご応募は、以降イベントのお知らせなどをメールにてお送りすることに了承いただける方のみお願いします。


宛先: diaploinfo@gmail.com

①件名:メンズコスメ1応募

②本文:a)ニックネーム、b)メールアドレス